マメゾンのこだわり
MA MAISONは仏語で“私の家”。
その名の通り「こんな家に住むことが夢だった」というオーナーの思い入れで作られた店は、英国民家の雰囲気を醸し出し、十数年かけて集められた英国アンティーク家具や雑貨達が当たり前のように息づく。
「私の家に招かれたような気持ちでゆったりとお過ごしください」

マ・メゾン特製デミグラスソース。
33年前に産声を上げたソースは今もなお、創業当時の美味しさを守りつづける。「トマト、タマネギ、パセリ、牛スジなど何種類もの材料をじっくり煮込むことから始まり、それを裏ごし器で漉す。
この工程を5,6回繰り返し、約一ヶ月かけて仕上げられる。
もちろん全て手作り。
手作りにこだわるのは、何と言っても味を守ること。
マ・メゾンの顔とも言えるこのソースは創業以来のスタッフ全員の思いがこもった味なのだ。

マ・メゾンは洋食の登龍門だと言う人がいる。
お父さんに連れられて、あるいは初めてのデートで体験する鮮烈な味。
子供達は、若者はその味を忘れないだろう。年月が経ち、時代が移ろうと、マ・メゾンのデミグラスソースの味は変わらない。
だから人々は安心して“私の家”をまるで友達の家に招かれたかのように懐かしげに訪れるのだ。