1. ホーム
  2. 今月のマ・メゾンコラム

↓↓ いいね!を押して最新情報をゲット!

こんにちは。マ・メゾンです。
イベントの続く年末年始は、お酒の量も増えますね。
宴会のオープニングの乾杯はいうまでもなく、 日常の食前の一杯も、「まずはビールで」というのが お約束のようになっています。

なんとなく習慣化しているこの「とりあえずビール」、 嬉しいことに医学的にも正しいという根拠があるんです。
まず、空腹時の胃袋に最初に迎え入れるお酒として アルコール度数の低いビールはうってつけ。
ウイスキーなど度数の高いお酒だと内臓に負担がかかる上、 急激に酔いが回ったり、血圧の変動なども誘います。

次に、ビールに含まれる炭酸ガス。胃液の分泌を促進し、 食事がおいしく食べられるのだそうです。
さらにビールの原材料のホップが消化を助けてくれるので、 いちだんと食もすすむというわけです。

加えてこのホップ、たいへんな働き者で、 ビールの苦味、香り、泡をつくるのに重要なだけでなく、 雑菌の繁殖を抑え、ビールの保存性を高めてくれます。
そして女性に朗報! ホップに含まれる物質に、構造も作用も 女性ホルモンによく似たフィストロゲンというのがあります。
女性ホルモンの減少によって起こる肌荒れや冷え、 骨粗鬆症といった悩みの解決は、 このフィストロゲンが役に立ってくれそうです。

さらにもうひとつ、ビールを飲むメリットが。
昨今人気のポリフェノール。ホップにはこのポリフェノールの 一種であるフラボノイドが含まれており、 ビールの含有量は、酒類の中でワインに次ぐ量を誇ります。
ポリフェノールの効果で代表的なのが抗酸化作用。
紫外線やストレス由来の有害な活?性酸素を体内から除去してくれたり、 血液をサラサラにし、動脈硬化や脳梗塞などの生活習慣病や 老化を予防する効果があります。

さて、ビールを飲むと太る、なんて言われますが、 ビールのカロリーの多くはアルコール由来で、 アルコールのカロリーは体に蓄積されにくいのです。
「太る」原因は、どうやらビールの食欲増進効果によるもの。
そして旨いうまいと飲み食べすぎると、 ビールの糖質も蓄積されてメタボ体型まっしぐらです。
くれぐれも腹八分目を心がけ、食べすぎ飲みすぎには注意しましょう。

クリスマスや忘新年会のご予約はもうお済みですか?
集いの楽しさと充実度なら当家はどこにも負けない自信あり!
ビールもワインも、宴をより盛り上げるお酒と 腕とハートによりをかけたお料理でおもてなしいたしますよ。
毎月マ・メゾン通信を配信しています。
下記にE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンをお押し下さい。

マ・メゾン通信でしか配信してない【主の一言】をお届けします!