1. ホーム
  2. 今月のマ・メゾンコラム

↓↓ いいね!を押して最新情報をゲット!

こんにちは。マ・メゾンです。
つい先日までかぼちゃのオレンジ色に染まっていた街は 早くも赤と緑に彩られつつあります。

この年末の一大イベントのシンボルともいえるのが クリスマスツリー。もともとは、古代ゲルマン民族が 冬至の祭でカシの木を飾っていたことに由来するそうです。
やがてこの冬至祭がキリストの生誕祝いと合体して クリスマスとなり、木を飾る習慣も引き継がれ、 その木はカシからモミに変わりました。
ちなみに日本も含めて現在では、モミではなく ドイツトウヒが使われることが多いのだそうです。

クリスマスツリーを飾ったという最古の記録は1419年。
ドイツのパン職人の会によるものだったそうです。
この習慣がドイツ全土に伝わり、19世紀になると ビクトリア女王がドイツ出身の夫のためにツリーを飾ったことから イギリス中に広まり、ほどなくヨーロッパ諸国やアメリカへ。

そして日本で最初にツリーがお目見えしたのは1886年12月7日。
横浜で外国人船員のために飾られました。
このことに由来して、12月7日がクリスマスツリーの日に。
もちろん日本オリジナルの記念日です。

女王様は外国から来てくれた夫のために。
横浜の人もはるばる海を越えてきた船員たちのために。
どちらも故郷を離れたひとへの思いやりから 始まった習慣だったのですね。
大切な人のことを想いながらツリーを飾って、プレゼントを選んで。
そんな時間も、ワクワクする幸せなひとときです。
そして当家一同も、皆様に幸せな聖夜をお届けする日を 心待ちにしてワクワクしています。
クリスマスメニューのご予約、ただいま好評受付中!
ご予定が決まりましたらお早めにご連絡くださいね。
毎月マ・メゾン通信を配信しています。
下記にE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンをお押し下さい。

マ・メゾン通信でしか配信してない【主の一言】をお届けします!