1. ホーム
  2. 今月のマ・メゾンコラム

↓↓ いいね!を押して最新情報をゲット!

こんにちは。マ・メゾンです。
旧暦8月15日は「中秋の名月」。
現在のこよみに置きかえると、今年は9月13日にあたります。
日中はまだ残暑でも、夜はぐんと涼しくなり、空も澄んでお月見にはぴったりの時期ですね。

現代ではお月見というと、たいていはこの中秋の名月を愛でる行事を指しますが、いにしえの人々は、満月以外のいろんな月の姿を眺めては楽しんでいたようです。
たとえば満月2日前の十三夜は、満月の次に、あるいは満月よりも美しいとたたえられました。
そして満月の翌日、ゆっくりと上ってくる月が十六夜(いざよい)。
ためらう(いざよう)ように現れる様から名づけられました。
満ちる前の月や、欠けはじめた月。
満月という完ぺきな姿でないものの方を好む人は現代人にも案外多いかもしれませんね。

十六夜以後もなかなか風流な名で呼ばれます。
以下は、順番に17~20日頃の月の名前です。
夕刻、立って待つうちに出るので「立待月(たちまちづき)」。
立っていると疲れるので、座って待つ「居待月(いまちづき)」。
なかなか出ないので横になって待つ「寝待月(ねまちづき)」。
夜も更けた午後10時ごろに出る「更待月(ふけまちづき)」。
さらにその後の二十六夜、明け方(有明)の空に現れるのが「有明月(ありあけづき)」。百人一首にも登場しています。

こういった特定の月齢の日に集まって、飲食しながら月の出を待ち、月が出たら経を唱えて月を拝み悪霊を追い払う行事が、江戸時代中期から後期にかけて盛んに行われていました。
この「月待ち」、集まる人によって内容も変わり、高齢者が多ければ念仏を唱えて極楽浄土への旅を願い、女性が集まれば安産祈願や家庭の問題などおしゃべり。
まさに女子会です。
若い男性中心なら飲み会となるのも現代と同じ。
子どもが参加する時はお菓子も出ました。
テレビもネットもなかった時代は、信仰目的の集まりでも娯楽の要素が濃かったのですね。

当家ご利用のあと、月がきれいな夜は、空を見上げて少しゆっくり�歩いてみませんか。
お好きな形の月に、あなただけのオリジナル名をつけてみるのもいいかもしれませんね。
毎月マ・メゾン通信を配信しています。
下記にE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンをお押し下さい。

マ・メゾン通信でしか配信してない【主の一言】をお届けします!