1. ホーム
  2. 今月のマ・メゾンコラム

↓↓ いいね!を押して最新情報をゲット!

こんにちは。マ・メゾンです。
夏野菜のひとつであるナスは、「成す」「生す」につながり、縁起のいい野菜といわれています。
クセのない淡泊な味はいろんな調理法になじみますし、油との相性がよく味もしみこみやすいとあって和洋中の幅広いジャンルで変幻自在に活躍します。 またナスには体温を下げる作用があるので暑い季節を乗り切るには最適といえますね。

さて「秋ナスは嫁に食わすな」ということわざ、ご存知でしょうか。
その解釈は大別すると次の2通りで 嫁に食べさせるのはもったいないほど美味しい というイビリ説。
体を冷やすからお嫁さんは食べないほうがいい という気づかい説。
どちらも正論かもしれませんね。 ところでこの秋ナスの「秋」とは旧暦の秋 すなわち8月下旬から9月初旬にあたります。
この時期に収穫される秋ナスが夏ナスより美味しいと言われるのは、 盛夏では養分は成長に、エネルギーは呼吸のために使われますが、 気温が下がって成熟するとそれらが実に届くようになるためです。
昼夜の気温差で身は引きしまり、皮は薄く柔らかい。 種は少なく実にはアミノ酸や糖がたっぷりです。

茄子紺ともいわれる深みのある紫色は、 涼しげでありながらこっくりとシック。夏と秋をつなぐこの色は、 ポリフェノールの一種アントシアニンによるものです。
コレステロール値を下げたり活性酸素を減らしたりと 体にうれしい働きものがつやつやした皮に詰まっています。

年々30度を超える真夏日が増え、暑い時期が延々と続きます。 そんな時こそ私たちマ・メゾンを頼りにしてください。 ナスはもちろん、夏バテも秋バテも退治できる おいしい食材をどっさり用意してお待ちしておりますよ。
毎月マ・メゾン通信を配信しています。
下記にE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンをお押し下さい。

マ・メゾン通信でしか配信してない【主の一言】をお届けします!